高層階と低層階の物件のメリットとデメリット

賃貸住宅を選ぶときは、高層階と低層階の物件のどちらにしようか迷うという人は多いでしょう。高層階マンションは見晴らしがよく、街全体を見渡せるのが魅力です。一方で賃料が高額になる、気軽にお出かけできない、などのデメリットがあります。低層階マンションの場合は賃料が安い、ちょっとコンビニに行くなどの状況で都合がよいのがメリットである反面、高層階マンションの魅力である見晴らしのよさは期待できません。また高層階の物件と比較して、害虫が発生しやすい問題もあります。一般的にはステイタス性を求める人は高層階物件、住みやすさを重視する人は低層階物件を好む傾向があります。

収納と間取りで失敗しないために

賃貸住宅は写真だけで決めずに、必ず現地で物件を確認しましょう。特に収納と間取りは住みやすさに直結するので、実際に生活しているシーンを頭でイメージしてみる必要があります。ひとり暮らしであれば動線の重要性にはあまり気づかないかもしれませんが、家族が増えると動線の不便がそのまま住みにくさに直結します。動線はシンプルな線でつながるのが好ましく、それは室内の移動が楽になるからです。家具や家電のサイズや配置場所なども動線に影響してきます。部屋を移動しにくい、スペースに余裕がないなどと感じられるのであれば、家具や家電のサイズをワンサイズ小さくするなどの工夫をしましょう。注文住宅や建売住宅を購入する場合と比べて、賃貸住宅を選ぶときは簡単に決めてしまう人が少なくありませんが、生活環境に直結してくる問題なので慎重に選ぶことが大切です。

札幌東区の賃貸物件は2LDK以上の少し広めの物件がたくさんあるので、カップルやファミリーで暮らすのに最適です。