ストーブなどの暖房器具が備え付けられている

一般的に賃貸物件に備え付けられている冷暖房器具と言えばエアコンです。しかし、北海道の物件に備え付けられているのは、ストーブやヒーターなどのより強力な暖房器具です。北海道の冬の平均気温は氷点下。非常に寒さが厳しいため、エアコンの暖房機能ではとても太刀打ちできません。そこで、外気の低さに負けず室内を暖められるストーブなどの暖房器具が備わっているのです。なお、エアコンは設備にない場合が多いため、夏は扇風機などエアコン以外の器具で暑さ対策をするのが北海道では一般的です。

寒さを防ぐため二重窓になっている

冬の寒さが厳しい地域の建物は二重窓になっているところがよく見られます。これは、外に対し窓ガラスが少し間隔を空けて縦に2枚並べられているものです。窓ガラスと窓ガラスの間に空間を設けることでそこに空気が入り、外気の冷たさを軽減してくれるため、外が寒くても室内に寒さが伝わりにくいのです。北海道は賃貸物件でも二重窓になっている場合がよく見られます。

水抜栓など氷止めの設備が付いている

冬場に氷点下の日が多い地域では氷止めが欠かせません。北海道の賃貸物件にも当たり前のように氷止めのための設備が付いています。気温が低くなると水道管の中に残った水が凍結し、水道管が破裂してしまう恐れがあります。これを防ぐため、水道管から水を抜くことが氷止めです。設備の形状はいくつかパターンがあり、ポピュラーなのはくるくる回して水抜きをするハンドルタイプ。そのほか、ボタン1つで水抜きができる設備もあります。

小樽の賃貸一戸建ては、平屋や2階建て物件があります。間取りは3LDKと4LDKが多く、駐車場付きの物件が揃っています。