屋上は庭のように使える

小さな土地に注文住宅を建築することになったので、庭を作るのを諦めようかと迷っている時には屋上付きの注文住宅を選んでください。屋上に人工芝を敷いたり観葉植物を並べると、屋上にいるだけで自然に囲まれているような感覚になれます。ガスや水道が屋上まで繋がるように設計すると、屋上で家族と一緒にバーベキューを楽しめます。注文住宅には広い庭が付き物だというイメージを変えるためにも、屋上のスペースの活用法を家族と一緒に話し合ってください。

吹き抜けのある部屋の寒さに対処する

解放感を重視して吹き抜けのある部屋を作ろうと考えているのなら、冬場に足元が冷えないように部屋の構造を工夫することを推奨します。寒さに対処しなければ冷たい風で足元が冷えてしまい、吹き抜けのある部屋に家族が集まりにくい住宅になりかねません。床暖房を設置しておくだけでも足元が温まりますし、吹き抜けのある部屋の気密性を高めることでも冷たい風が吹かない空間になります。寒さにさえ対処できれば吹き抜けのある部屋は、解放感もあって室内の美しさを友達に自慢したくなるはずです。

窓からの眺めが良い屋根裏部屋

窓からの景色が良いと思える部屋を作りたいのなら、屋根裏のスペースを部屋として使えるようにデザインを調整してください。屋根裏部屋に天窓を取り付けることで、室内から夜空を眺められる空間を作れて、就寝する前に夜景を楽しめます。自然光を浴びながら読書を楽しみたい人にも、天窓のある屋根裏部屋はおすすめです。天井から光が射し込むことで部屋の隅々まで明るくなっていると感じられて、蛍光灯の光とは違った温かみのある空間を目指せます。

ある程度の貯金もできたので、これから名古屋の注文住宅を探そうという人は、まずどのエリアに注文住宅を建てるのが良いか検討しましょう。