夫婦2人で暮らす間取りについて

注文住宅の1番の魅力は、自分のライフスタイルに合わせた間取りを考え、実現することができる点です。中でも家族構成は、間取りを決める上での重要なポイントとなります。例えば、夫婦2人で暮らすことを想定している時には、一緒に過ごす空間とそれぞれの趣味や仕事に没頭できる空間を、バランスよく配置できる間取りがおすすめです。

また、生活の主体となるリビングやキッチンには自然と顔を合わせられる工夫を施す一方で、お互いのプライバシーが守られる部屋を設けることで、離れて行動する時間も充実します。これから子供が生まれる予定の夫婦なのか、すでに子供が独り立ちしている夫婦なのかといった年齢や将来設計の違いによっても、選択する間取りは大きく異なるでしょう。

子育て世代の間取りについて

すでに子供がいる子育て世代は、子供の人数や成長に合わせて柔軟に変化できる間取りにするのが最適です。子供が小さいまでは、どこで遊んでいても親から目が届くように、オープンキッチンを中心に全体を見渡せるような設計にしたり、リビングの中に子供が勉強ができるスペースを設けるのもよいでしょう。また、子供が中学生以降になった時に、広い子供部屋を一人ずつの空間として分けて使えるよう、可動式の仕切りなどを設置しておくと、大規模なリフォームをせずにスムーズに間取りの変更が可能です。

さらに、将来的に親との同居を考えている場合には、体の負担に配慮した間取りやバリアフリーを意識した設計も取り入れておくと安心でしょう。注文住宅を建てる時には、現在の状況やニーズにだけ目を向けるのではなく、今後のライフプランをしっかりと整理して、間取りを考えることが重要です。

横浜の注文住宅用の土地を手ごろな価格で探す場合は、傾斜地や極小、旗竿地などを探してみましょう。一般的にはこのような土地の相場は低めに設定されているためです。