門塀は建物の印象を左右することもある重要な部分!

設計の自由度が高い注文住宅では、建物のデザインから間取りそして設備に至るまで、あらゆる箇所を自分たち好みで設計することが可能です。もちろん門塀も例外ではありません。ただし外部からの視線にさらされやすく、建物全体のイメージを左右することもあるため、門塀を選ぶ際には幾つかのポイントを押さえる必要があります。

門塀の役割を重視して素材を選ぶ!

門塀には家屋全体のデザインを整える以上に、隣家や公道との境界線を区切ったり外部からの侵入を防ぐなど、基本的な役割が色々とあります。これらの役割をよく踏まえた上で、自分たちが注文住宅に求めるニーズや条件に見合った、理想的な門塀の素材を選ぶことが肝心です。例えば境界線をいつまでも明確に保ちたいなら、腐食しにくい耐久性に優れた樹脂製の素材を選んだり、防犯性を高めるならば、頑丈なステンレス素材を選ぶケースも少なくありません。もちろん注文住宅にデザイン性を求めるなら、複雑な模様でも柔軟にデザインできる鉄製素材や木製素材なども、選択肢に入れることが可能です。

建物全体とのバランスを見落とさない!

先述したように、門塀のデザインが建物全体のイメージを左右することがあるため、建物全体とのバランスを常に意識することが求められます。特に個性や独自性の強いデザインの注文住宅であれば、なおさら気をつけるべきポイントと言えます。例えば伝統的な和風建築であるにも関わらず、派手な洋風タイプの門塀では、違和感だけが強調されてしまいます。他方でレンガ造りの洋風建築の場合にも、日本で昔から見られる木製扉の門塀では、やはり同じことが言えるでしょう。このようなミスマッチが起こらないように、設計の段階から建物全体とのバランスを、しっかり見極める必要があります。

千葉の注文住宅を購入する場合、千葉の環境や土地に詳しいハウスメーカーと契約するのも一案です。そして、予算に応じて間取りや内外装の設計を行います。