北海道の冬は寒い!水道凍結には気を付けよう

冬の寒さが気になって、北海道への移住を決心出来ない人も多いのではないでしょうか?そんな人は事前に冬の北海道の注意点を知って、移住後の生活に備えましょう。まず当然のことですが、北海道の冬はとても寒く水道が凍結してしまうことがあります。特に古い賃貸物件だと水道が凍結する恐れが多く、注意が必要です。そのため北海道に住む人々は氷点下の日が続くと、夜眠る前に「水落とし」という作業を行います。これは水道管から水を抜く作業のことで、気温が下がる夜間のうちに水道管が凍結してしまうのを防ぐ意味があります。水落としの方法はインターネットで簡単に見つかるので、北海道に移住する前に調べておくと良いでしょう。

敷地が広いと雪かきが大変になることも…

冬の北海道と聞いて心配になるのが雪についてです。特に北海道内陸部では、12月から2月にかけての積雪量が多く雪かきをしなければいけない日が続きます。もし、敷地面積が広かったり駐車場が何台分もあるような賃貸物件に住むと、毎日の雪かきに苦労することになるかもしれません。北海道の賃貸物件を探す際には雪かきのことも考えて、必要十分な広さの物件を選ぶようにしましょう。

部屋が多いほど暖房代がかかるので注意が必要!

暖かい地域から北海道に移住して驚くことは、暖房代の高さです。北海道では厳しい寒さに耐えるために、冬は石油ストーブを使うことがあります。物件によってはエアコンを使えることもありますが、面積が広かったり部屋の数が多いとエアコンだけでは温度が上がらず、ポータブル石油ストーブを各部屋に置いて温めたりするのです。このように部屋数が多いと暖房器具の使用数が増え、暖房代が増加します。無駄に広い部屋を借りると後々苦労することになるかもしれないので、注意しましょう。

室蘭は非常に寒い地域ですが、室蘭の賃貸マンション・アパートは非常に設備が整っており、快適に過ごせます。